明星コース(中学生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾で明星の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって明星コースを開講し生徒の指導にあたっております。

 

保護者の方から中学受験の受験校を考えられるときに、明星に行くの場合と清風にいく場合では

どちらが本人の性格に合いますか?と質問をされます。

清風は学校の友人同士で思いっきり楽しんでいる学校だとすると、明星は学校外の友人をたくさん持ち幅広く遊んでいる生徒が多い印象ですと答えています。

 

学校の中で遊びに満喫している生徒がいないわけではありません。

ヒエラルキーが少し違うという印象です。

ヒエラルキーが高い順に清風は①面白いやつだとしたら、明星は①友達の多いやつといったように、清風と明星では感覚に大きな違いがあると感じています。

明星の生徒は他者に自身を認めてもらいたいという感覚が強く出ている生徒が多く、また、成績が悪くても自分には成績以外に「こんなことができる」というアイデンティティを持っている生徒が多い印象です。

 

明星は中学2年生から特進選抜・特進・英数の3コースに分かれます。その際にクラス分けがありますが、ここで特進選抜に入れるようにしておかなければ大学入試においてかなり不利になります。

その後も年1回のクラス編成でクラスが変わる可能性はありますが、2年生にあがるタイミングが非常に重要になるのは、明星のカリキュラムは特進選抜と特進でかなり内容が変わるからです。

 

中学2年生の学習カリキュラムは大学受験を見越しても一番の基礎を学ぶタイミングです。

英文法の基礎・1次関数・理系であれば化学(明星では中2の時の化学で高校内容の基礎を学びます)など、その後の学習における基幹となるべき単元です。

 

当塾では、明星の生徒は褒めて伸ばすを念頭に置き、生徒と距離感を図りながら時に厳しく時に優しくとメリハリをつけて指導をするようにしております。

定期テストの結果を毎回もってきてもらい、弱点の分析を行ったうえで褒めるべきところはしっかり褒め、叱るところはしっかりと叱るようにしております。

また、成績が芳しくなく、学校に居場所を持つことが難しい生徒も過去にはおりました。

そういった生徒には、塾が本人の居場所になるように、近しい存在として生徒の良き理解者として担任が寄り添える環境を作っております。

 

明星の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!