教育大附属コース(中学生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾では教育大附属の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって教育大附属コースを開講し生徒の指導にあたっております。

 

教育大学附属は日本の学習指導要綱に則って、指導を行っています。

中高一貫校独特の受験カリキュラムを期待して入学されると期待に外れてしまう可能性があります。

名前のとおり教育機関としての側面を持つ学校ですので、大学生の教育実習や様々なデータ収集にも使われています。

良い意味で先進的な教育を受けれる場であると考えられます。

 

中学時代は授業の進度が速いと感じることは少ないと思います。

しかし、年度によって異なりますが、学校での授業内容とテストの難易度に差があり、テストが難しく感じることが多いです。

保護者の方からは、学校の授業はしっかり理解していてるが、テストになると点数が取れなくなるという相談を多く受けてきました。

教育大学附属の定期テストは学力の理解度を先生側が把握する一般的なテストとは違い、生徒への指導がどのような結果を生んでいるのかを把握するというテストと言っても差支えはないでしょう。

ですので、簡単なテストをすると点数差がつきにくくなり、実力としての結果なのか、指導として結果なのかの判断がつかないので、簡単な問題から難しい問題まで扱うようになります。

 

当塾では、学校の授業進度に合わせてテストで高得点を取れるように難易度の高い演習を中心に授業を進めていきます。

学校の授業内容の理解定着を前提にして、他の中高一貫校で使用されるような問題集などを使用して、指導をしていきます。既に志望校や志望学部が決まっている生徒には、教育大学附属のカリキュラムを踏まえて、生徒一人一人の志望校や志望学部に合わせた完全オーダーメイドのカリキュラムを作成し、指導に当たってまいります。

また、本人の理解度が甘い場合は、学校授業の補填をしっかり行い、まずは学校の授業が理解できるように指導をしていきます。

そのうえで、本人が躓くであろうポイントなどは先に教えておくことで学校授業でわからないということにならないようにしていきます。

教育大学附属は学校の授業が主軸となりますので、まずは学校の内容に寄り添い成績アップをさせていきます。

 

 

教育大附属の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!