明星コース(高校生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾では明星の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって明星コースを開講し生徒の指導にあたっております。

 
高校2年生に上がるタイミングがラストチャンスです。

上のコースに上がることができるのがこの時期だけです。

この時期を逃すと後は卒業まで同じコースとなります。

高校1年生の間の努力が結果として最良の受験への道が作られることになります。
 
明星は大学受験をするにあたって、コースによって目指す大学が大きく異なる印象を受けます。

特進選抜や特進にいる生徒は理系文系問わず国公立大学を目指している生徒が多いでしょう。

英数の場合ですと指定校推薦もしくは難関私立大学を目指す生徒が多い印象です。

また、部活が忙しくなかなか時間に余裕がない生徒もいらっしゃいます。

受験までに割ける時間数が他の生徒に比べ限られてしまうので、綿密なプラン作成が必要になる学校です。

 
明星の生徒は志望校・志望学部・現在所属しているコース・部活の有無に合わせてカリキュラムを作成いたします。

すべてのコースに共通しているのは高校1年生で入塾してきた生徒は学校の成績(定期テスト)を最優先に指導をしていきます。

各科目の総点でのコース変更となりますので、すべての科目において得意不得意をなくし、高得点をとれるよう学校の授業の理解と定着を促すように授業を設定していきます。

また、長期休暇の時期は中学生内容の理解が甘いところなどをしっかり補填すること、次学期の授業の先取りをしておくことで学校の授業での理解度を上げ、定期テストの得点アップにつなげていきます。

高校2年に上がり、コースが決まってきましたら、特に注意すべきは特進コースで、受験を国公立受験を考える生徒は学校のカリキュラムと志望校に乖離があります。

高校2年生以降に入塾された生徒は受験用のカリキュラムを作成する必要性が高いです。

 

当塾では生徒の現状と志望校並びに志望学部に合わせてカリキュラムを個人個人に作成いたします。

現状の把握で最も大事にしていくのは、定期テストの結果ではなく問題用紙と解答用紙さらに計算用紙までしっかり分析いたします。

学校の成績アップを目指すのであれば、現状の分析結果から学校のカリキュラムに沿った授業を行います。

また、志望校や志望学部に焦点を絞る場合は、合格平均点をゴールにして逆算したカリキュラムを作成いたします。

すでに取りこぼしてしまった単元については指導していくカリキュラムの中で補填させていきます。

広範囲で理解ができておらず、授業を進めるのが困難な場合は、まずは抜けてしまった内容を確実に補填させることからスタートします。

理解のできていない単元が少ない場合は、長期休暇などで補填するようにいたします。(理解できていない単元が、指導していく中で基礎となる場合や包括的に教えていく科目に必要な単元であれば、先にその単元を教えてからスタートいたします。)

 

中高一貫校専門個別塾では明星の生徒を多数みてきた実績と経験があります。明星の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!
生徒の受験成功は中高一貫校専門個別塾でかないます!!