教育大附属コース(高校生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾では教育大附属の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって教育大附属コースを開講し生徒の指導にあたっております。

教育大学附属系は良くも悪くも学習指導要綱に則った指導をしております。公立高校と変わらないカリキュラム進捗となっております。

私立中高一貫の生徒と比べて授業のスピードは遅いですが、内容はかなり難しいものをさせています。

1回の授業で理解をさせ、定着するにはかなりの難易度です。

過去に通塾していた生徒もほとんどが学校の内容理解のために通塾していました。

合格実績を見ても他の私立中高一貫と遜色がない実績なのは、スピード重視の私立と比べて教育大学附属は内容を重視しているからです。

予習や復習を丁寧に行うのはもちろんですが、合わせて演習を自分で公立良くこなしていくことが求められています。
しかし、課題量も多く難易度も高いのでなかなか宿題も終わらないという生徒が多く塾に行くなんてありえないと感じているのではないでしょうか。

当塾では通塾されている教育大学附属の生徒は学校の宿題を教材に使うなどをして負担を少なくし、理解を深めるといった対応もさせていただいております。

また、生徒の現状と志望校並びに志望学部に合わせてカリキュラムを個人個人に作成いたします。

現状の把握で最も大事にしていくのは、定期テストの結果ではなく問題用紙と解答用紙さらに計算用紙までしっかり分析いたします。

学校の成績アップを目指すのであれば、現状の分析結果から学校のカリキュラムに沿った授業を、志望校や志望学部に焦点を絞る場合は、合格平均点をゴールにして逆算したカリキュラムを作成いたします。

すでに取りこぼしてしまった単元については指導していくカリキュラムの中で補填させていきます。

広範囲で理解ができておらず、授業を進めるのが困難な場合は、まずは抜けてしまった内容を確実に補填させることからスタートします。

理解のできていない単元が少ない場合は、長期休暇などで補填するようにいたします。(理解できていない単元が、指導していく中で基礎となる場合や包括的に教えていく科目に必要な単元であれば、先にその単元を教えてからスタートいたします。)

 

教育大学附属の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!