薬学部対策講座

兵庫医療大学受験コース

兵庫医療大学の合格を目指し対策を行うコースになります。


●教科(推薦入試)
外国語:コミュニケーション英語I・II、英語表現I
理科:化学基礎・化学

●教科(一般前期A)
外国語:コミュニケーション英語 I・II、英語表現 I・II
数学:数学 I・A・II
理科:化学基礎・化学

●教科(一般前期B)
外国語:コミュニケーション英語 I・II、英語表現 I・II
数学:数学 I・A・II
理科:化学基礎・化学

●英語
大問数:推薦入試5題。一般入試A・B4題。
制限時間:60分(全て)
解答型式:マーク式(解答数は40個前後)

【傾向】
推薦入試では、読解問題3題、語彙問題1題、発音問題1題。一般入試はA・Bともに読解問題は2題、文法・語彙問題2題。
読解問題については、内容説明、内容真偽、空所補充、同意表現などで、読解力や速読力がないと全問解くことは困難である。英文自体は標準的だが、色々なジャンルの英文に慣れ親しんでいる方が良い。推薦だけに限っては計算問題を絡めた問題も出題される。
文法・語彙問題については、ほとんどは空所補充形式。語句整序も出題され、文法や熟語の知識が問われている。
全体的には標準レベルの問題。問題量が多いので時間的にはタイト。

【対策】
読解については普段から長文を速く読んで、理解できるような勉強をしておくほうが良い。できるだけ様々な分野の英文に触れることも大切である。
語彙力については、長文や文法書、単語帳など手当たり次第貪欲に覚えていくことが望ましい。
文法に関しては問題集を1冊徹底的に勉強することを勧める。

●数学(一般前期A・一般前期B)
大問数:3〜4
制限時間:60分
解答型式:マークシート

【傾向】
小問集合が必ず出題される。大問では微分積分、図形に関する内容、データ分析がよく出題される。問題レベルは教科書の基本から標準問題レベル。制限時間に対して、問題数が多い。

【対策】
教科書や教科書房用問題集を徹底的に演習することが望ましい。演習量を増やすことでスピーディーに解く練習や計算間違えをしない練習を積むことも大切である。

●化学基礎・化学
大問数:推薦入試・一般前期A・一般前期B:いずれも5題。
制限時間:60分
解答型式:マーク式

【傾向】
無機分野・有機分野・理論分野の順で出題量が多くなる。計算問題が多いのも特徴の一つ。問題のレベルは基本から標準。問題の量に対して時間は十分にある。

【対策】
理論:基本レベルの問題をしっかりと演習することが望ましい。特に計算演習はしっかりとやっておきたい。
無機:周期表と関連づけて同属元素の類似性の整理や結合の分類を理解することは効果的である。暗記中心となる単元なので。しっかりと覚えよう。
有機:アルコールとその誘導体、ベンゼンとその誘導体についてはよく出題される。反応系統図を自分でまとめることも有効な対策と言える。

PAGE TOP