難関大学受験講座

東京大学受験コース

日本で最難関の試験に対する万全の対策を

東大入試問題の特徴は、各科目に共通して、基礎段階で教えられることを根本的に理解しているかを問うところにあります。そのため、一見解きやすそうでありながら、正解することは難しいのが特徴です。


また記述問題が多いことも特徴です。例えば世界史には、1題を600字程度で記述する問題があります。国語では難易度の高い文の内容を1~2行に簡潔にまとめる問題が多く出されます。そして英語でも要約問題が長年にわたって出題され続けています。


つまり東大が受験生に求めることの一つは、多岐にわたる教科内容の要点を把握し、またそれを簡潔で論理的に説明する能力だと言えるのであり、そこに文系理系の区別はないと言えます。


そのため東大の指導では、参考書の内容を機械的に暗記させるような指導は厳禁であり、常にその内容の論理的な仕組みを理解させる必要があります。同時に、どの教科も出題形式が多様で範囲が広いため、なるべく早い段階で全範囲の基礎内容の指導を終え、その多様な出題形式に対応できるよう、過去問や類似した問題を用いた指導をする必要があります。


当塾ではこれらの点を考慮して、東大志望者には早め早めのスケジュールを課し、実力の完成を出来るだけ早める指導を行っています。そうすることで、日本で最難関の試験に対する準備が万全になるようにしています。

【 英語 】
要約・読解・自由英作文・和文英訳・リスニング・語句整序・下線部和訳など、実に様々な形式・難易度の問題がバランスよく配置されています。また、どの問題でも基礎知識をうまく活用できるかどうかが試されます。

対策としては、基礎知識を身につけるという日頃からの地味な努力が必要です。特に重視されているのが、英文法を習得することと、要約問題や説明問題に見られるように、しっかりした国語力を磨くことです。また英文の意味を読み取る能力とともに、自由英作文が課されているように英語で発信する力、高度な英語を聞き取るリスニング力を身につけることも必要です。これらのことをするためには早くスタートする必要があります。まさに備えあれば憂いなし。

【 数学 / 理科】
確率・整数・複素数平面・微分積分は必ず出題されます。特に指数対数・三角関数の微積分やベクトルの知識を持った上での複素数平面を解けるかが数学の出来を左右します。また単独の単元としては、世界の数学の流れを反映して確率・整数の対策が必須です。特に整数問題はフェルマーの小定理や中国剰余定理が裏に隠れているケースが多いです。

どの分野でも標準的な問題より抽象的な問題が多いので、得点のためには問題を解き慣れることが必要となります。

【 数学 / 文科 】
文科については、図形と方程式・ベクトルと微積分・整数・確率・数列の出題が目立ちます。
これらに対応するためには、図を頼りに問題を解いていくことと、式という数学の言葉を読み取る訓練が必要です。全体的に見て難しい問題は全くないので、簡単なことをきっちりとできるかが問われています。

【 化学 】
例年、有機・無機(理論との融合)・理論の3題で構成されています。論述や導出過程を記述する問題、計算を行う問題、実験の説明を読み取ったうえで字数制限なしの論述を行う問題、グラフで表現する問題など、様々な出題がなされ、受験生にとって時間の余裕はありません。
対策としては、教科書にあるような基礎的な理論に関する知識を幅広く身に付けたうえで、その知識を活用し読解・思考する力を養うことが必要です。

【 生物 】
出題分野に大きな偏りはありませんが、遺伝情報にからんだ問題が出やすい傾向があります。知識を問う問題の比重は多くなく、思考力・論述力を問う問題がメインです。非常に長いリード文と複雑な実験条件設定が特徴であり、正確に問題文を読み取り、状況を整理した上で解答しなければなりません。したがって、ハイレベルな出題が多いと言えるでしょう。
論述対策はもちろんのこと、問題文のスピーディな読解と条件整理の練習が必須です。計算問題も比較的多く出題され、計算をもとにグラフを描かせるなど非典型的な問題が少なくありません。

【 物理 】
実際は難しくはないが見慣れないために難しく感じられる問題が出されるのが近年の傾向です。単元の傾向としては力学・電磁気は頻出であり、2017年・2018年は熱力学、2019年は波が出題されています。
問題文が長いので、しっかりと読み取って物理現象や状況を正しく把握しないと解けません。問題文の読解に時間をかけると、問題を解く時間がなくなるので、普段から速く読んで、状況把握がすぐにできるように訓練をすることが大切です。

【 国語 】
現代文は標準からやや難しいレベルの評論文が文理共通で出題され、文系には別に随筆が出題されます。出題形式は、記述の答えを2行ほどにまとめる問題と、120字程度にまとめる問題が出されます。古文・漢文は共通して文章自体は平易なものが出題され、記述の答えを短くまとめる問題が出されます。
現代文と古典共に文章の難易度は高いとまでは言えず、丁寧に論理を辿れば内容理解はそれほど困りません。そのため、例えば古典については必修レベルの単語・文法または句形をマスターすることで対応できます。ただ内容が難しくないゆえに、他の受験生に差をつけられないためにも、文脈を踏まえ必要な情報を拾い、かつ簡潔にまとめるトレーニングが現代文と古典共に必要になります。

難関大学受験講座

  1. 東京大学受験コース

    東京大学受験コース

    東大志望者には早め早めのスケジュールを課し、実力の完成を出来るだけ早める指導を行っています。そうすることで、日本で最難関の試験に対する準備が万全になるようにしています。

  2. 京都大学受験コース

    京都大学受験コース

    難易度が高い問題ばかりを演習させても京大に合格することは困難です。問題にどのようにアプローチしていくのかを自力で考え解くことができる能力を身に付けるよう指導していきます。

  3. 大阪大学受験コース

    大阪大学受験コース

    どの科目でも出題形式が多岐にわたりかつ難易度が高いため、基礎力完成後は残された時間をどの分野の指導に振り向けるか常に注意しながらスケジュールを作り指導していきます。

  4. 一橋大学受験コース

    一橋大学受験コース

    当塾では、一橋大学の過去問はもちろん、国語においては自身の言葉を要約するための方法や英語長文の対策として他大学の過去問などを使い対策を講じていきます。

  5. 早稲田大学受験コース

    早稲田大学受験コース

    早稲田の一般入試の特徴として、どの科目でも早稲田特有の癖があります。よって、早稲田大学の合格で一番大事なのはの過去問を徹底的に演習することになります。

  6. 慶應大学受験コース

    慶應大学受験コース

    学部ごとの勉強方法の違い、対策の立て方、科目バランス、小論文(論述)対策、すべてを盛り込み生徒の状況に合わせて本人のみのカリキュラムを作成いたします。

PAGE TOP