合格者の声

早稲田大学政治経済学部合格

早稲田の対策授業があったのが、
合格の秘訣だと思います

【入塾時期】
・高校2年秋

高校1年生の時に早稲田大学のオープンキャンパスへ行き、憧れがさらに強くなり、絶対に早稲田大学へ進学したいと思うようになりました。
先輩から受験勉強は早めに始めることが大切だと口酸っぱく言われていたので、高校2年生の秋からアプロットにお世話になることにしました。

アプロットで一番良かったことといえば、古典・漢文の授業です。
関西に住んでいると、東京のように「早稲田対策の国語」の授業種類は少なく、大手予備校の早慶国語の授業が一般的だと思います。
私は、早稲田大学以外の進学は考えていなかったので、早稲田に合格するためだけの授業を希望していました。そのため、アプロットの先生による早稲田大学の入試問題に特化した授業を受けられたことは非常に強みになりました。早稲田大学特有の古典や漢文の問題をこれほどわかりやすく指導していただける先生は関西にはいないのではないか?と思うぐらい満足度が高かったです。

世界史の先生もまた、学校の先生に比べて知識量が豊富で、授業に小ネタを挟んで指導してくださいました。
その小ネタを入試中に思い出し、解けた問題もありました。関東圏の入試にも精通した先生が在籍されているのでお勧めです。

お世話になりました。本当にありがとうございました。

※プライバシー保護の観点から仮名を使用しております。

kobetsujuku-base
タイトルとURLをコピーしました