合格者の声

東北大学薬学部合格

基本的な勉強の仕方すら
わからなかった自分でも、
無事合格出来ました

【入塾時期】
・高校2年生

私は小学生の頃から、将来は何か研究をする仕事をしたいと思っていました。
高校生になる頃には薬学部への進学、さらには大学院へ進み研究者になりたいと考えるようになりました。

アプロットに通うようになったのは高校2年生からでした。薬学部対策コースが設置されており、尚且つ学校帰りに通えることもあり入塾しました。

塾では特に苦手意識の強かった英語の授業を受けていました。
英語に関して言えば、中学3年生の頃から学校の授業についていくのが難しく感じるようになり、高校1年生の時には学年で下から数えた方が早いような成績でした。
アプロットに通うようになり、学校の授業が少しずつ分かるようになっていきました。

自分でどのように英語を勉強していけばいいかわからなかったので、塾の先生に基本的な勉強の方法から教えてもらい、分からない箇所は何度も塾の先生に質問することを繰り返した結果、高校3年生の夏の模試では偏差値が68まで上がりました。
化学や数学の勉強方法は自分で考えてできていましたが、苦手な科目は先生に教えてもらう方法が一番効率よく成績を上げられると感じました。いかに自分が定期テスト前にやっていた勉強方法が間違っていたのかを気付かされました。

英語の成績が上がった事もあって、センター試験でも9割得点でき無事志望校に合格することができました。

※プライバシー保護の観点から仮名を使用しております。

kobetsujuku-base
タイトルとURLをコピーしました