合格者の声

岡山大学薬学部合格

これから浪人生活を始める方への
アドバイス

【入塾時期】
・浪人1年目

僕は浪人が決まった時に、大手予備校と併用する形でアプロットに入りました。
大手予備校の授業が始まるまでにアプロットで授業を開始し、スタートダッシュを決めたことが合格に結びついたと思います。

現役時代は部活を最後までやっていたため勉強が間に合わなかったように思います。浪人が決まった時点では国公立の薬学部に合格できる可能性はかなり低かったと思いますが、そう思っていたからこそ、4月前から進学個別塾に通う事で今までのビハインドをなくそうと勉強しました。

センター試験レベルの数学はある程度できてはいましたが、2次試験や記述模試になると点数が思うように取れず悩んでいました。
授業を受けるにつれ、採点者にわかるように解答を書く技術であったり、問題に取り組む際に出題者が何を問おうとしているのかを頭のすみに入れてから問題を解くように指導していただいたおかげで、少しづつではありますが得点を取れる解答が書けるようになりました。

自分で学習のスケジュールを立てるものの一度も予定通りに進んだことがなかったため、教務担任の先生にスケジュールを作っていただきました。
また、英語の文法や単語をコツコツ覚えることが苦手だったので、毎週テストを実施していただいたり、定着確認テストを作っていただき、なんとか覚えることができました。

教務担任の先生からはどれだけ勉強したのかをページ数で考えるのではなく、どれだけ集中して勉強ができたかを毎日計測するよう言われ、机に向かっている時間を毎日計測し記録するように習慣付けました。

予備校とアプロットが近かったので、予備校の捨てコマの時間を利用してアプロットで自習をしたり授業を入れたりして、メリハリをつけて浪人生活を過ごせたと思います。
授業のスケジューリングはある程度は決まっていましたが、融通が利くので好きなように授業の時間設定をしていました。

浪人生に一つアドバイスをするならば、必ず朝から勉強するよう習慣付けてください。決して夜型になってはいけません。頑張りましょう。
困ったり、悩んだときは教務担任の先生がアドバイスをくれますので、志望校のことや成績が伸び悩んでいる人は相談してみてください。
早め早めの行動が大事です。皆さんの健闘を祈ります。

※プライバシー保護の観点から仮名を使用しております。

kobetsujuku-base
タイトルとURLをコピーしました