合格者の声

近畿大学医学部公募推薦合格

データで貰える板書など
WEB授業のメリットを
多く享受出来ました

【入塾時期】
・高校2年生

無事に公募推薦で近畿大学医学部に合格することができました。

私は中学2年生の時に医師を志し、絶対に現役で医学部に合格する!!と決意していました。しかし高校3年生の春時点での成績はE判定ばかりで、現役合格とは程遠い状態でした。
またコロナ禍の外出自粛に伴い、通っていた集団塾へも通学できなくなり、途方に暮れていました。

そんなとき、母から自宅で医学部専門コースの授業をWEBで受けられるアプロットの話を聞き入会することにしました。

入会時の面談もWEBで行われましたが、実際に会って話しているかのように、自分の医学部合格への気持ちを話すことが出来ました。
担任の先生からは、評定平均が高いことから医学部公募推薦を狙うことを勧められました。初めは推薦入試など考えもしていませんでしたが、入試制度が変わる年の一般入試に不安を抱えていた私にとってはチャンスかもしれないと考え、医学部公募推薦に合格するためのカリキュラムを立ててもらいました。

すべてWEB授業でしたが、ホワイトボードの文字も見やすく特に不便は感じなかったですし、先生の板書はデータで頂けるなどWEB授業のメリットを多く享受できたと思います。

2次試験の個人面接に不安を抱いていましたが、担任の先生とWEBを通して何度も練習することが出来ました。
入試前日に不安になり担任の先生に相談したところ「今からもう一度練習しよう」と言ってくださり、すぐにWEBで面接の練習をしていただけたことは本当に感謝しています。

練習で聞かれたことを本番でも質問されたときは、心の中でガッツポーズをしてしまいました。

本当にアプロットに入会してよかったです。ありがとうございました。

※プライバシー保護の観点から仮名を使用しております。

kobetsujuku-base
タイトルとURLをコピーしました