慶應義塾大学法学部合格 Cさん

少し年の離れた友達のような先生と、一緒に頑張った浪人生活

僕は現役時代、浪人1年目で思うような結果を出せませんでした。遊びに行ったりしていたわけでもなく、僕自身はまじめに受験勉強をしていたつもりだったのでひどく落ち込みました。宅浪も考えましたが、合格するには自分の力だけでは難しいと考え、独学だけでは成績が伸びづらい国語と小論文の授業を受けることにしました。

浪人生専門個別指導予備校に決めた理由の一つに、365日10時~22時で自習室があるという事でした。毎日同じ時間に起床し、同じ時間に就寝するという性格リズムを1年間崩さずに入れたのは自習環境が保たれていたからだと思います。

いざ授業が始まってみると、予備校でも教えてくれなかった知識が多く、古典・漢文の授業は自分の勉強できてなさを実感するものでした。古典・漢文の先生の知識量はすさまじく、また、慶應大学に合格するポイントも盛り込んで指導していただけたおかげで、中だるみもせず、授業中はずっと集中できるものでした。

浪人生専門個別指導予備校でもう一つ良かった点としては、教務担任の先生との距離が近いことです。2浪目という事もあり、最初の頃はかなり精神的に落ち込んでおり、勉強に身が入っていなかったのですが、そんな僕を気にして一緒にご飯を食べに行ってストレスを和らげてくれたり、毎日声をかけてくれたことは本当に感謝しています。

疲れて集中できないときは一緒にお菓子を食べたり、少し年の離れた友達のような関係でもありました。受験直前期にメンタルを崩さず、勉強に集中できたのは教務担任の先生のおかげです。1年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。

受講情報

  • 【受講講座】難関大学受験コース
  • 【入校時期】浪人2年目の春
  • 【スタイル】当校のみの受講
PAGE TOP