合格者の声

関西大学高等部合格

「無理だから諦めろ」とは
一度も言われませんでした

【入塾時期】
・中学3年生6月

関西大学高等部に合格できて本当に嬉しいです。

僕は初めから公立ではなく、私立の高校を目指すことを決めていました。しかし、通っていた集団塾では公立入試に力を入れていて、私立入試対策や志望校別特訓がなかったので、不安になりアプロットへ行くことになりました。

アプロットでは一人一人に合った特別カリキュラムが作られます。僕は英語と数学の偏差値が低かったので、重点的に授業を受けることになりました。

英語については、中学2年生のところの単元が理解しきれていないことを英語の先生に見抜かれ、中学2年の復習から授業が始まりました。
あと、今まであまりしていなかった単語テストをしたり、自分オリジナルの単語帳を先生と一緒に作りました。長文で出てきた知らない単語をまとめて単語帳を作り、後日その単語を覚えられているかチェックテストがありました。

数学の先生はとても優しい先生で、数学が苦手な僕にとっては質問しやすく、わからなくなっても焦ることもなくリラックスして授業を受けることができました。

志望校を決める時は、教務担任の先生にとても力になってもらいました。
学校の担任の先生からは「無理だから諦めろ」「志望校を変えなさい」と言われたりして、お母さんも僕も落ち込んでいましたが、教務担任の先生は「この問題と、この問題を得点できたら合格できるよ」など合格までの距離を明確に伝えてくださり、最後まで諦めることなく受験勉強ができたと思います。

アプロットの自習室は快適で、無料で飲めるペットボトルのお茶やジュース、お菓子などが揃っていて、毎日自習室に行くことが楽しみなくらいでした。
勉強に疲れた時は、教務担任の先生と世間話をしたりして、気分転換をしていました。

成績が伸びず辛いこともありましたが、先生方を信じて勉強してきてよかったです。ありがとうございました。

※プライバシー保護の観点から仮名を使用しております。

kobetsujuku-base
タイトルとURLをコピーしました