合格者の声

同志社高校合格

何かに挑戦する前に諦めてはいけない

【入塾時期】
・中学2年生冬休み

憧れの学校に合格が出来て本当にうれしく思っています。

私は、中学受験の時に同志社系列の中学校を受験しましたが不合格でした。
別の中学校に進学しましたが、心のモヤモヤを抱えながら学校生活を送っていて、だんだん学校へ行くのがしんどくなり、保健室で休むことも増えてしまいました。

そんな時に、お母さんから高校受験でもう一度同志社を目指してみてはどうかと言われました。
通っている中学は中高一貫校で、自分だけ高校受験のための勉強ができるのか不安でした。しかし、アプロットの教務担任の先生に相談したところ、過去にも同じような生徒が中高一貫校から同志社高校へ進学したと教えてもらい、私も高校受験でもう一度同志社を目指してみようと思い、入塾しました。

中学校の勉強の速度が速く、受験勉強の時間を取れるかすごく不安に思っていましたが、集団塾とは違って個別でカリキュラムを組んでもらえましたので、宿題に追われて暗記や復習ができないということはありませんでした。

中学3年生になると学校では高校課程に入り、学校の定期考査の勉強が受験勉強に直結しないように感じて勉強に身が入らなかったこともありました。しかしアプロットの先生が常に励ましてくださったことで気持ちの切り替えができ、定期テストでもよい成績を取ることが出来ました。

また、高校受験をすることを学校にどのように伝えればよいか悩んでいましたが、そういった悩みも教務担任の先生がアドバイスを下さり、三者面談で学校の先生へうまく伝えることが出来ました。

中学3年生の冬休みは、学校の友達が遊ぶ中、自分だけ勉強しなければならない環境がつらかったです。でもアプロットへ行くとみんな自習室で必死に勉強していて、それがとても刺激になり私も頑張ることが出来ました。

アプロットでは、何かに挑戦する前に諦めてはいけない、前に進むことで道が開けるということを学びました。
高校生活を楽しみたいと思います。お世話になった先生方、事務の方、本当にありがとうございました。

※プライバシー保護の観点から仮名を使用しております。

kobetsujuku-base
タイトルとURLをコピーしました