大阪医科大学対策コース

大阪医科大学対策コース

大阪医科大学の前期試験において合格を目指すコースになります。

各単元の出題傾向は以下の通りです。

大阪医科大学の英語

  • 大問数:3
  • 制限時間:80分
  • 解答型式:記述式
  • 頻出問題:和訳・英作文

長文和訳の問題が2題、英作文が1題の問題構成。長文の大問には、ともに2~4問程度の下線部訳があるので、ゆっくり読んでいると時間がなくなる。

また英作文も4問程度あるので、制限時間80分を考えると、速く解く練習をすることを勧める。

また、長文や英作文いかける時間配分も自分に合ったように構成することも、対策の一つとして重要である。

 

大阪医科大学の数学

  • 大問数:5
  • 制限時間:100分
  • 解答型式:記述式
  • 頻出問題:微分積分・確率

全体的には標準問題レベルから応用レベル。難問が出題されることはほとんどない。

時々ものすごく複雑で計算力と問われる問題が出されることもある。

大阪医大と言えば微分積分と確率。確率は問題自体難しく見えるが、実は非常に簡単。応用問題がしっかりと解ける様に練習しておくことをし勧める。

 

大阪医科大学の物理

  • 大問数:4
  • 制限時間:120分(2科目で。平均して60分)
  • 解答型式:記述式(単答)・空所補充
  • 頻出問題:力学・電磁気

大問4問中、1問は小問集合で、全範囲から出題される。

残りの大問3題のうち力学・電磁気は頻出問題。後の1題は熱力学であったり、波動であったりする。

問題レベルは標準から応用。それほど難しくはないが、やはり時間的にタイトな感じは否めない。

全問記述問題と思って普段から対策を行っておくことを勧める。

また時々出題ミスも見受けられる。

出題ミスを見抜けることができるくらい学力をつけていかないと、試験中に考え込んで時間を失いことにもなりかねない。

 

大阪医科大学の化学

  • 大問数:4
  • 制限時間:120分(2科目で。平均して60分)
  • 解答型式:記述式
  • 頻出問題:理論・無機・有機(限定しにくい)

大問4題のうち無機が多い年もあれば有機が多い年もある。

しかしはっきりと無機・有機と区別できる問題は少なく、融合問題がほとんどである。

問題のレベルは標準から応用。問題数が多いので時間的にはタイト。

普段から問題集ではやく解く練習をしつつ、大阪医大特有の融合問題の出題に慣れるためにも、過去問で解き慣れることを勧める。

 

大阪医科大学の生物

  • 大問数:4
  • 制限時間:120分(2科目で。平均して60分)
  • 解答型式:記述式(空所補充)・論述(50字~100字程度)・描図問題
  • 頻出問題:代謝・遺伝情報

全体的に遺伝情報や代謝の問題の出題が多いものの、全分野からバランスよく出題されている。

問題レベルは標準が中心。しかし、人名やタンパク質の名前もしっかりと覚え込む必要がある。

問題は分野・単元に収まらず、融合問題が多く出されている。

単元や分野をまたいだ横のつながりの勉強を普段からすることを勧める。

また、図や表の読み取り、計算問題、実験の記述問題や理由説明の記述問題などの練習は必須である。

 

大阪医科大学の面接

  • 解答型式:集団面接(1グループ3名)
  • 制限時間:15分
  • 面接官:3名

 

過去に出題されたテーマ

  • 「志望理由(大学・医師)」
  • 「本学の志望順位」
  • 「国立大学に合格したらどうするか」
  • 「本学のアドミッションポリシーに共感する点」
  • 「部活動について」
  • 「これまでの経歴について」
  • 「小論文の内容について」

など

資料請求・入会のご案内はこちら06-6777-7446受付時間 10:00~22:00
※繋がりにくい場合は、留守番電話にメッセージをお願いします。

メールでのお問い合わせ 24時間いつでも受付致します