開明コース(中学生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾では開明の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって開明コースを開講し生徒の指導にあたっております。

 

塾の中では「入るとき偏差値」、「出るとき偏差値」という言葉を使うことがあります。

開明は正に「出るとき偏差値」が高い学校の一つであるといえます。

中学受験時の入学偏差値と比べて、卒業する頃には最難関大学へ進学をされる方が多いです。

大阪では桐蔭と並んで厳しい学校の一つだという印象です。

授業速度も速く、テストなどで点数が悪かった生徒は残されて何度もテスト問題を教室で解かされたと聞いたことがあります。

中学受験が終わって開明に行った生徒のほとんどは塾を必要としない学校だという思われていますが、決してそんなことはありません。

 

学校の授業進度が速くそして内容もかなり難しいです。

学校は進学実績を上げるため、さまざまなことをしてなんとか実績を上げるために努めています。

それとは裏腹についていけなくなっていく生徒も多数いらっしゃいます。

生徒の個性を踏まえた教え方ではなく、学校の方針に合わせた授業を行います。

勉学において、本人に合わせてあげることは非常に重要です。

本人がわからないところは、決して本人が悪いわけではありません。

学校での教え方、自身の理解の仕方、勉強の方法論、理由はたくさんあります。

本人が何でわからないのかをしっかり把握して上げたうえで、指導にあたることが必要です。

没個人的な勉強はある側面では非常に効果が生まれますが、視点を変えると非常に危うい側面もあります。

生徒のわからないに向き合う時間を大切にして、生徒に何をするべきかを考え、どうすれば成績があがるのか導いてあげることが大事です。

 

当塾では、開明の生徒とは生徒とのご面談する機会を多く取り入れ、生徒に寄り添えるようにしております。

定期テスト対策や成績を上げることは当たり前のことで、本人に寄り添って点数が上がったときは一緒に喜び、点数が悪かったときは叱るのではなく一緒に考えるということを行っております。

生徒にとって、自分のことを理解して、信じてくれる存在として接していきます。

毎回の授業では、本人が躓いてしまった原因を見つけ、分析を行い、同じようなところで躓かないように授業で考え方や捉え方を学んでもらえるようにいたします。

 

開明の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!