大阪女学院コース(高校生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾では大阪女学院の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって大阪女学院コースを開講し生徒の指導にあたっております。

 
大阪女学院は高校に入るときにクラス分けをされていると思います。

英語・理系1類2類・文系のクラスかバカロレアに分けられているのではないでしょうか。

少なくともどのクラスに入っても大阪女学院のカリキュラムは難関大学受験に合わせては設定されていないと感じます。

結果として国公立の過去の合格実績をみていただいても京阪神市府は多くはありません。

 

過去に預かった生徒に学校の授業内容を聞きますが、国公立の受験を考えると非常に厳しいと感じることが多くありました。

しかし、大阪女学院は昔ながらの名門校としての大学とのつながりが非常に強固で指定校推薦も多く持っています。

指定校推薦で大学受験を考えるには、学校の授業内容の難易度は高くないので適した環境で優位な受験をすることが可能だと考えています。

 
ご家庭の方針・本人の希望に合わせて、大阪女学院の生徒は大きく舵を切らなければならいないタイミングがあります。

指定校推薦以外の受験をするのであれば、早い段階で塾にお問い合わせください。

女学院生は高校3年生間際までは、スイッチが入りにくい印象があります。

どこかで、何とかなるという意識があるように感じています。

理由はさまざま考えられますが、学校の進路指導が緩い、学校のカリキュラムが難しくないので少し努力すれば点数に結びつきやすいというのが大きな要因だと感じています。

大学進学を真剣に考えるのであれば、まずはご連絡ください。

 
当塾では生徒の現状と志望校並びに志望学部に合わせてカリキュラムを個人個人に作成いたします。

現状の把握で最も大事にしていくのは、定期テストの結果ではなく問題用紙と解答用紙さらに計算用紙までしっかり分析いたします。

学校の成績アップを目指すのであれば、現状の分析結果から学校のカリキュラムに沿った授業を行います。

また、志望校や志望学部に焦点を絞る場合は、合格平均点をゴールにして逆算したカリキュラムを作成いたします。

すでに取りこぼしてしまった単元については指導していくカリキュラムの中で補填させていきます。

広範囲で理解ができておらず、授業を進めるのが困難な場合は、まずは抜けてしまった内容を確実に補填させることからスタートします。

理解のできていない単元が少ない場合は、長期休暇などで補填するようにいたします。(理解できていない単元が、指導していく中で基礎となる場合や包括的に教えていく科目に必要な単元であれば、先にその単元を教えてからスタートいたします。)

 

大阪女学院の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!