開明コース(高校生向け)のコースについて

中高一貫校専門個別塾では開明の生徒を多数みてきた実績と経験があります。

実績や経験をもって開明コースを開講し生徒の指導にあたっております。

 

開明は入るとき偏差値と出るとき偏差値に大きな差がある学校です。

学校では、かなりの高い難易度の問題をさせていることが多く、生徒によっては全然理解できていない生徒から問題なく解ける子まで大きく差が出ています。

問題なく解ける生徒の大半は塾に通っている期間が中学時代にあったはずです。

また、入学当初までに中学準備をしっかりと整えて、スタートから余裕をもっては入れていた生徒が多いのが実感としてあります。

中学時代になんとなく過ごしていたとしたら高校に入って躓いてしまったという生徒が多いのではないでしょうか。

とはいえ、学校の補習は現在学校内で授業している前後の単元を教えてくれる・・・もしくは、教室を開放し自習させているという形式です。

今の学校の授業が理解できなくなっているのであれば、過去にさかのぼって原因を究明しなければなりません。

 

開明の躓いてしまった生徒の対策としては、どの時期に何がわからなくなったのかを明確にしておくのが最も効果的です。

ここをおろそかにすると成績は上がらないでしょう。

学校の授業の難易度は高く、進んでいくスピードがはやいです。立ち止まって振り返るのは遅れてしまっている生徒にとっては不安を感じるかもしれません。

しかし、大学受験を考えるのであれば、まずは本人の状況を確実に把握して抜けてしまっているところをしっかり埋めて上げることが先決になります。

また、順調に進んでいる生徒であれば、自身の目指している学校と開明で行っている授業カリキュラムの終着点が同一なのかを考えておかなければなりません。

開明のカリキュラムの終着点は京大に向けてのものです。もし、志望校や特定の学部(医歯薬系)を希望しているのであれば、修正を加えておく必要性はあります。

 

当塾では生徒の現状と志望校並びに志望学部に合わせてカリキュラムを個人個人に作成いたします。

現状の把握で最も大事にしていくのは、定期テストの結果ではなく問題用紙と解答用紙さらに計算用紙までしっかり分析いたします。

学校の成績アップを目指すのであれば、現状の分析結果から学校のカリキュラムに沿った授業を行います。

また、志望校や志望学部に焦点を絞る場合は、合格平均点をゴールにして逆算したカリキュラムを作成いたします。

すでに取りこぼしてしまった単元については指導していくカリキュラムの中で補填させていきます。

広範囲で理解ができておらず、授業を進めるのが困難な場合は、まずは抜けてしまった内容を確実に補填させることからスタートします。

理解のできていない単元が少ない場合は、長期休暇などで補填するようにいたします。(理解できていない単元が、指導していく中で基礎となる場合や包括的に教えていく科目に必要な単元であれば、先にその単元を教えてからスタートいたします。)

 

開明の生徒は中高一貫校専門個別塾におまかせください!!